ロバの音楽座結成 1982年

ロバの音楽座

画像の部屋

 

Playボタン

ロバの音楽座結成

1982年

ロバの音楽座はこの3匹のロバから始まった。左より松本雅隆・上野哲生・塙純子

「手作り音楽会」〜「愉快なコンサート」

厚生省中央児童福祉審議会の特別推薦文化財作品 

1984年

 

Playボタン

 

ロバの詩 

1988年

Playボタン

パントマイマーも交えて音さがしをテーマとした演目。初めての大型舞台作品

ガラン・ピー・ポロン音楽会 

1991年

 

「石ころでも楽器に」をテーマに、音楽の原点を愉快に表現した演目ロバの名を全国に広めた大ヒット作品

Playボタン

 

山下洋輔氏と「もけらもけら」初演 

1991年

ロバハウス完成  山下洋輔氏と共に、絵本「もけらもけら」を楽譜に見立て、ジャズと古楽で奏でたロバハウスライブ初期の公演。2019年にも再演

谷川俊太郎氏とのロバハウスライブ 

1993年〜

 
谷川ハーディ・ガーディ_edited.png

この年以来、詩人谷川俊太郎氏との「ことばとあそぶ おととあそぶ」が始まる俊太郎さんがハーディガーディ初挑戦

5月5日は毎年ロバハウス恒例

詩人谷川俊太郎+谷川賢作+ロバの音楽座「ことばとあそぶ おととあそぶ」

​演奏曲:幸小学校校歌

 

ジグの空想音楽会 

東京都優秀児童演劇選定優秀賞受賞 

1995年

 阪神淡路大震災後の作品。荒廃した瓦礫の中から創造的な楽器・音楽が生まれる近未来的な作品​。「ジグ」(造語)とは、誰の心の中にも住んでいる妖精のような存在。ジグが起きるとステキなアイデアが生まれる。芸術が生まれる。美味しい料理が生まれる。身体の中の何かに「目を覚ませジグ」と呼びかける作品

 

ルーマニア、ハンガリー公演 

1997年 

ルーマニアで開催された国際古楽フェスティバル

ハンガリーの野外演劇フェスティバルに参加

Playボタン

​トーナドーナの音楽会 

2000年 

 

やっと辿り着いたトーナドーナの森で繰り広げられる、摩訶不思議な音楽会和と洋がミックスされた演目

​おかあさんといっしょゲスト出演 

2001

「しってしまったぼく」などを共演

 

​NHK Eテレアニメ「パンツぱんくろう」​「からだであそぼ」

2001年

パンツぱんくろう_edited.jpg

2004年〜08年 「おかあさんといっしょ」のアニメ

トイレトレーニングをテーマにした人気アニメ

2004年〜09年 身体を使って運動・動作を教える番組 

 

ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル音楽演奏担当

2003年

文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部で大賞を受賞

東映教育映画「みみをすます」

2005年

 

聾のゆんみが音楽と出会う旅の物語。教育映像祭最優秀作品賞

ENEOS CM 

2007年

イチロー出演ENEOS CMの音楽担当

らくがきブビビのコンサート

平成23年度児童福祉文化賞推薦作品

2008年

 

もっとあったか もっとゆかい もっと音のらくがき

カラクリを満載した舞台装置も子ども達の好奇心を刺激する 
ロバの音楽座の25周年を記念して創られた作品

 

森のオト 

厚生労働省社会保障審議会特別推薦文化財作品受賞

2011年

全作品の中で最も古楽器を生かした演目

森で教わった、森で生まれた音楽を演奏する

 

コンサートのぼうけん 

2015年

冒険をテーマに、失敗を恐れず勇気がじわじわとわいてくる演目

​今の時代だからこそ子ども達に聴かせたい、観せたい演目

 

​CD絵本「ピーターとおおかみ」

2019年

ロシアを代表するプロコフエフの楽曲を古楽器で演奏し、プロコフエフのテキストを新解釈し「みみをすます」をテーマとしたCD付き絵本。見て、聴いて、声に出して読む